私たちのポリシー

自分が使えないエッセンシャルオイルはお客様にお勧めできない

日本エステル社 川島千恵子
日本エステル社
川島千恵子

 私をはじめ当社スタッフは、これまで個人的に、さまざまなブランドのエッセンシャルオイルを使用してきました。その中でアロマテラピーを安全に効果的に行うには品質のよいエッセンシャルオイルを正しく使うことに尽きることを経験的に学びました。質の悪いエッセンシャルオイルを使うと、期待した効果とは裏腹にとんでもない結果を招いてしまうことも経験しました。
 ですから、自分たちが安心して使える品質のよいエッセンシャルオイルでなければ、お客様にもお勧めすることはできません。

 

フィリップ・メユビオ
Philippe Mailhebiau
フィリップ・メユビオ

嗅覚へのアプローチを大切にしています

 当社のエッセンシャルオイルはすべて、世界的に著名なフランス人のアロマテラピー研究家であり、芳香鑑定士(nez)の資格も有するフィリップ・メユビオの長年の研究により設定されたアロマテラピー用エッセンシャルオイルの品質基準E.O.B.B.D.®(Essential Oils Botanically and Biochemically Defined)Quality Assuranceを満たしています。

品質保証ラベルE.O.B.B.D.とL’Excellence Olfactive

 そして、アロマテラピーが普及しているベルギーのブランドHerba Helveticaエルバエルヴェティカ®のコンセプトは"L’Excellence Olfactive" 。エッセンシャルオイルの香りの質にもこだわり、嗅覚へのアプローチをとても大切にしています。エッセンシャルオイルは、その含有成分がもつさまざまな作用特性によって、私たちの身体の健康維持に役立つばかりでなく、その香りが心や感情にも良い作用を及ぼすことが知られているからです。

 

エルバエルヴェティカ®の品質基準の詳細については『 quality 』もご参照ください。

セルフケアのための厳選エッセンシャルオイル

image アロマテラピーに用いられているエッセンシャルオイルは80〜100種前後ありますが、医師、薬剤師以外の一般人がセルフケアのために使えるエッセンシャルオイルは30種前後と言われています。
 さらに、日常よく経験するトラブルには5〜10種類で十分だとアロマテラピーの専門医は断言しています。

 

image 医学の専門家でない人は、多くの種類を持つよりも、ごく限られたエッセンシャルオイルについて精通し、いざというときに自信を持って使えるようになることが大切です。これは事故を回避し、期待する効果を得るためにも必要なことです。 そこで、私たちはフィリップ・メユビオのアドバイスをもとに、家族みんなで使える安全で利用価値の高いエッセンシャルオイルを厳選いたしました。

 

 アロマテラピーを勉強していく過程では、ともするとレシピ偏重主義に陥りがちですが、多くの種類をブレンドしてつくる難しい処方は本来、医師としての資格を持ち、エッセンシャルオイルの薬理学的な面と人体生理学との双方について完全な知識を備えたアロマテラピストが実際に患者を診断した上で行うべきものであり、その調剤も専門の薬剤師によって行われるべきものであることを忘れてはならないと思います。

このページのトップへ